シングルマザー 看護学生になった 〜日々の記録

30代シングルマザーで看護学校に入学しましたkasumiです。看護学校入学にあたり私が行ったことや、入学してからの生活、育児のことなど、気ままに更新してます(*´꒳`*)

看護学校 1年生から出来る国試対策

Kasumi です。

入学して間もない5月、まだまだ、学生生活に慣れずバタバタしている時期ではないでしょうか?

ですが、3年生まで一瞬です。瞬きするくらいのスピードで気がついたら過ぎています。

現役生の方は3年生の11月くらいから国試対策...なんていいますが、社会人は間に合いません。(特に子持ち)

そんな時、1年生の時からやっておけばよかったよ...と思うことがもろもろあります。

今回はやっておけばよかったと3年生の今思っていることをまとめました!

  • 国家試験を解く
  • 解剖生理をまとめる
  • フィジカルアセスメント、検査数値はしっかり覚える
国家試験を解く

これは、今から?嘘?と思うかもしれませんが、私の知り合いで1年生から毎日10問国家試験を解き続けていた方がいます。

3年間で1万問超え...

国試は楽だったそうです。

↑ここまでやらないととは思いませんが、習った科目の習ったところまで一読しておくのはおススメです。

1年生でも解ける問題はありますし、ちょっと被っていればある意味予習にもなります。

あとは場数を踏んだだけ慣れます。

でも、じゃあ何するの?国家試験見たってどこやったかわからない!と思うのではないかと思います。

そんな時はこれ!↓

アプリです!

看護師国家試験4000問 看護roo!&さわ研究所

看護師国家試験4000問 看護roo!&さわ研究所

株式会社クイック無料posted withアプリーチ

オススメの理由
  • 無料で4000問解けるため勉強のハードルが低くなる
  • 単元が細かく分かれているため低学年から解きやすい
  • 正解率が出る
  • みんなの正解率が高い問題が見れる
  • 時期になると無料模試がある
  • 直近9年分の過去問が収録されている

 

私の学校では、割とこの単元に応じて授業が進んでいました。

授業を受けて、何が大切かわからない!って時にアプリ内をウロウロ...ああ、この辺学習していたのか!とか、ここが大切なところなのね!となるわけです。

初めは聞き慣れない単語が並び、どこの学習してるのかわかりませんが、徐々に使い慣れてきます。

また問題を解いていると同じことを違った視点から問われていることにも気がつくので、ああ、こんな問われ方もあるのか!と気がつきます。

たまに、さらに先生がいじってテストに出たりして、先生この問題をいじったのかしら?なんて思ったりします。

解剖生理をまとめる

国家試験の問題でも絶対出題されますし、実習でも必須です。

解剖生理は今後の土台にもなるし、1年生で網羅するところだと思うのでしっかりやっておいた方がいいです。

特に臓器の構造、右左どっちの位置が高いとか、どっちが二本?とか片方にしかないとか特徴的なものはよく国試に出ます。

機能がわからないと解けない問題や、逆に機能が分かれば連想できる問題もあるので今からしっかりやることをオススメします。

フィジカルアセスメント、検査数値はしっかり覚える

フィジカルアセスメントは1年でやると思いますが、しっかりやった方がいいです。

実習ではバイタル測定は必須です。

呼吸音の標準回数は?

何回から頻呼吸?

異常呼吸とは?

血圧の標準値は?

超蠕動音の正常は?

体温何度までが正常?

ずうーっと使います。

私はお恥ずかしい話、1年生の時、バイタルをなんで毎回測って報告するのかわかりませんでした;

毎回バイタルバイタルって!

と思っていましたが、今となってはバイタルとても重要です!

国家試験でも、バイタルや検査数値から患者さんに何が起こっているのか?

を予測したりする問題が多く見られます。

検査数値はぴったりきっかり覚えなくても大丈夫ですが、異常がわかったほうが解ける問題増えるので是非やっておいてください。

以上です。

ご観覧ありがとうございました!